行政書士の仕事 行政書士7年目の先輩の体験談

*

行政書士の仕事 行政書士7年目の先輩の体験談

 友人の体験談だけでは心許ないかもしれませんので、私の憧れの先輩の体験も紹介します。地元に根ざして地域密着型の行政書士事務所を開設して7年目の女性行政書士の先生です。

行政書士の専門分野

●自己研さんを続ける中で見つけた行政書士という目標
 先輩は、会社員時代に仕事にやりがいを求めて簿記やFPなどの資格も取っていたという才媛です。そんな先輩が行政書士として独立開業する決心をしたのは、宅建の資格取得のための勉強だったそうです。法律の知識がないことで、知らないうちに損をしたり、トラブルに対処できなかったりすることがあると考えた先輩は、独立開業できる行政書士の資格を取ることを決意したのだそうです。


●3年目から収入も満足のいくものに
 先輩は、試験に合格してすぐに行政書士事務所を開業。この実行力と勇気は見習いたいと思います。が、現実はやはり厳しく、開業1年目は大赤字で、貯金を切り崩しながら生活。毎日不安でたまらなかったそうです。でも、2年目からは事務所の経費を節約すればやっていけるようになり、3年目は収入面でも満足できるようになったとのことです。やはり「石の上にも3年」なのですね。

●専門分野を絞って仕事が増えた
 地元密着型の、気軽にご利用いただける事務所をめざしておられた先輩。とはいえ、後発の事務所ですから、仕事を選んではいられません。行政書士があまり受注したがらない仕事の一つに風俗・飲食営業許可の仕事がありますが、先輩はそういった仕事でも毛嫌いせずに受注したそうです。すると、1件を引き受けると口コミで次々と仕事が舞い込み、いつの間にか先輩の事務所の専門分野の一つに。さらにそこから派生して会社設立、外国人の入国管理・在留資格・帰化申請手続き、相続……などなどの仕事も受注できたそうです。今では、先輩の業務の30%ほどが地元の風俗・飲食の営業許可の案件だそうです。
 お客さまのお話をきちんと聞くことを心がけ、専門用語もなるべく噛み砕いてお伝えしているという先輩。同じ案件でも求めていることはお客さまによってさまざまなので、いかに相手の立場になって考えられるかが大切だと教えてくださいました。


>>次のページ:行政書士の仕事 行政書士15年以上の先輩の体験談

行政書士の仕事 行政書士7年目の先輩の体験談関連ページ

法律知識ゼロからスタート! 稼げる行政書士になるための最短ルート
行政書士の仕事 行政書士15年以上の先輩の体験談
 次に紹介するのは、私も行政書士の大先輩として非常に尊敬している先生の体験談です。行政書士業務だけでなく、ご著 […]
法律知識ゼロからスタート! 稼げる行政書士になるための最短ルート
行政書士の仕事 行政書士3年目の友人の体験談
 行政書士になって独立開業し、生活していくためにはどうすればよいのでしょうか? また、それにはどれくらいの期間 […]
法律知識ゼロからスタート! 稼げる行政書士になるための最短ルート
行政書士の実際の仕事と収入(報酬)
 行政書士として独立開業した場合、実際の仕事と収入は、どのようなものになるのでしょうか?  行政書士の仕事のス […]