大公開! 行政書士のリアルな年収

*

大公開! 行政書士のリアルな年収

 ドラマ「カバチタレ」で一躍メジャーになった行政書士という資格。ですが、資格の名前だけは知られていても、行政書士の仕事や生活の実態はあまり世の中に知られていないようです。

行政書士のイメージ
 同じ「士業」でも、例えば弁護士なら裁判を、司法書士なら法務局などで登記を、公認会計士なら企業の監査を、といったように、おぼろげながらもどんな仕事かをイメージすることができるでしょう。「士業」以外の資格でも、医師、教員、美容師、調理師、保育士、整備士などなど、公的な資格の多くは名前とともに仕事内容がイメージできますね。

 ところが行政書士については、その業務範囲の幅広さも手伝ってか、何をする仕事なのかがイマイチ世間一般に知られていないようです。行政書士は、数ある国家資格の中でも、その知名度と仕事内容の認知度とがもっとも比例していない職業のひとつと言って良いかも知れません。特に具体的な仕事内容や収入などとなると、行政書士試験合格をめざして勉強している人ですら、ときに把握できていないことがあるようです。
 そこでこのサイトでは、名前だけは知られている行政書士という職業の、仕事内容や実際の年収など、行政書士のリアルな生活について迫ってみたいと思います。と言っても、取り扱う書類の種類は10,000種類以上もあるとされ、業務の幅も非常に幅広い行政書士という職業ですから、ここで紹介する内容ですら行政書士の仕事内容や年収のうちほんの一部でしかないと思います。それほどまでに行政書士の仕事内容は幅広く、さまざまなフィールドに活躍の可能性が広がっているということができるでしょう。

 「行政書士、何かカッコイイな」と思いつつも、資格取得をめざして頑張ってみようとまでは思われない方、あるいは行政書士試験をめざして勉強中の方などが、このサイトを読んでモチベーションのアップにつなげてくだされば嬉しく思います。


>>次のページ:行政書士は、収入的に食べていけない資格?

>>行政書士になりたくなったら!? 法律知識ゼロからスタート! 稼げる行政書士になるための最短ルート